ブログトップ
カンボジア3日目
今回はプノンペンへ

バスで向かった

途中見る景色はどこか懐かしくもあった

b0188724_22102229.jpg
b0188724_221101.jpg


途中で寄った売店では

頑張って働く人
b0188724_22122180.jpg


そうでない人がハッキリしてた
b0188724_22124752.jpg

プノンペン到着!

去年よりも発展していて

交通量も一段と増えていた


b0188724_221317.jpg


プンポンペンのホテルに着くなり

誠二郎
b0188724_22155411.jpg
b0188724_22161589.jpg


そしてカレー屋から一緒に行った仲間

シンゴが

b0188724_2217383.jpg
b0188724_22171666.jpg


カンボジアにいる間に

いい男になると言いだし

ビフォー アフターが始まった

これにはオレも巻き込まれることになるので

お楽しみに!

誠二郎は変なテンションになっていた
b0188724_22201233.jpg
b0188724_22202738.jpg


少し付き合い

あとは

ほっといた・・・

プノンペンに着いたのは夕方近い時間

この日の夜は

孤児院の子たちが頑張って働く飲食店へ向かった

途中

虫屋さんを見つけ

b0188724_2223732.jpg

タガメをシンゴが
b0188724_22231973.jpg


パクッ

美味って言ってた
b0188724_22241773.jpg


つられてオレもも食べたけど

虫の味としか思えなかった

食べたみんなは

昆虫みたいな顔をしながら食べていた

きっと

美味いと思ったのは

シンゴだけだと思う

食後の運動!

カンボジアでは集団でダンスをするのが流行っていた

写真家のケイスケが踊りだし
b0188724_2230307.jpg


だんだん本気になっていった

b0188724_22305519.jpg
b0188724_2231996.jpg
b0188724_22312379.jpg
b0188724_22313621.jpg

孤児院の子たちが働くお店へ
b0188724_22333926.jpg
b0188724_22335180.jpg
b0188724_2234412.jpg
b0188724_22341779.jpg

プロ顔負けの踊りを踊る子ども達

ここのお店にあった文章をそのまま載せるね

現在30名(0歳~15歳)の子どもたちが孤児院で生活しています

オーナーはネス&タビィ夫妻

カンボジア人が運営する孤児院です

ネスさんは、幼少時代、ポルポト政権により祖父、父を虐殺され、兄弟を4人飢えでうしないました

病弱な母に代わり、ガラス片を拾い集め、祖母と野菜を売って生活費を稼いでいるような子供でした

高校生の時、ゲリラ兵にさらわれ戦場で戦い、銃弾を受け重傷を負いました。

現在も無数の傷跡が体に残っています

独学で英語を勉強し、さまざまな仕事をされてから、レストラン経営にいたりました。

そして、自分と同じような苦しい境遇の子どもたちを助けようと心に決め、4年前から孤児院を始め
ました

ポルポト時代に家族11人を失ったタビィさんも孤児院を始めることに賛成でした

地雷やHIVで、親をなくした子どもたちを集め食事と教育を大事にして子どもたちを育てています。

全てレストランの収益や寄附で、孤児院を運営しています

こどもたちは、毎日公立学校半日、カンボジアの伝統舞踊の時間を1時間

英語を1時間勉強しています

日本語も週に2回勉強しています

そのあとの文章をまとめると

その他の時間はウエイターやウエイトレスを頑張っていて

遊ぶ時間なんかほとんなく

勉強少しと

あとは

仕事

年齢は15歳未満

カンボジアに来ると毎回子供たちから教えられる

初めてカンボジアに来た時に

物売りの親のいない10歳の子に聞いた

なんでそんな環境で笑っていられるの?

少年は答えた

ボクにはお父さんやお母さんは居ないけど

3歳や4歳の弟や妹がいるから

そいつらを食べさせているから

僕の人生は

楽しいよ!

一生懸命頑張っている子ども達を見ていると

そんな話を思いだした


その日のベットでは

きっと

みんな考えるものがあったと思う

翌朝

みんなが自分の悩みなんて小さい

そう思ったって言ってた
[PR]
by okusyoo | 2011-01-28 23:03 | 奥芝洋介
<< カンボジア4日目 カンボジア2日目 >>