ブログトップ
腹を決めねば・・・
じーちゃん

ども~

北見のイベントは最高だった!

北見の人達が最高だった

ちびっこ達のダンスで幕開け
b0188724_17254625.jpg

和太鼓もあった
b0188724_17261642.jpg

店長洋介がカレーもバッチリ作ってくれて

オレも書き下ろし60枚以上は書かせてもらった
b0188724_17274843.jpg
b0188724_1728272.jpg
b0188724_17282157.jpg


イベントの最後にトークライブもさせて頂きました

今回の北見は雹まで降るという天気の中だったのに
たくさんの人が来てくれた・・
b0188724_18103258.jpg


ほんとうにありがとうございました

で・・・

話は変わるんだけど・・

師匠のてんつくマンの昨日のメルマガをまず読んでね

もっともっと自分を信じるの巻!
2011年6月12日(日)
チャリティーイベントが終わってめっちゃしあわせな気分でひすいこたろうちゃんとお茶してる喫茶店からワンダフルイブニング!

いやーーーーーーー今日な、電車に乗ってたらメッセージがやってきた。

まじでビックリした。

「なんでおまんは自分のことが信じられんのじゃ?」

「なんで自分の可能性に制限を決めているんじゃ?」

「なんでもっとまわりを信じんのじゃ?」

「なんでためらってるんじゃ?」

「答えはおまんの中にあるやろう?なのになんで言い訳をしてそこから目をそらしてる?」

(どういうことや?)

「夏休みの間だけでもと洞爺に東北の人を避難させたいと募集したな」

「はい」

「でも蓋を空けたら一瞬にして150人の定員を超えて300人の応募が来た」

「途中でおまんは受付を止めたな」

「はい」

「それはなぜじゃ?」

「定員を越えたからです」

「ならば、あふれた150人の人を断りたいのか?」

「いいえ、受け入れる予定です」

「じゃぁなぜ、その人達に受け入れしますと伝えてないんじゃ」

「それは•••国からの予算がまだ降りてないから••」

「ということは予算がおりんかったら、その人たちを断るっていうことか?」

「それがおまんの本当の答えか?」

「それがおまんの喜びか?」

「おまんの愛はなんと言ってる?」

「予算がおりなくても受け入れたいって言うてます」

「そうや、それがおまんの答えじゃ」

「洞爺のホテルが受け入れてくれるならば、洞爺町が決めている最大の数を受け入れたいです!」

「最大の数って何人や?」

「1200人です」

「単純に計算したらいくらかかるんや?」

「一人一日ホテルに払うのは5000円なんで40日やから、もしも全員の1200人が来たら、5000円×40日×1200人で2億4000万円です」

「やったらどうや?」

「はい」

「受け入れたいんじゃろう?」

「命を守りたいんじゃろう?」

「子どもが鼻血を出してるって聞いた時、おまんは避難させてあげたいと思ったやろう?」

「ならばやればいいやないか?」

「とらわれるな」

「過去、自分がやってきたことにとらわるな」

「今の自分の実力にとらわれるな」

「ほんまにとらわれてました。過去の自分にとらわれてました」

「やっと気付いたか、もう自分に制限をかけるのはやめろ、もっともっと自分を信じろ、まわりを信じろ」

「ほんまにそうですわ。やりますわ」

「具体的になにをする?」

「国から予算が降りる降りない関係なくやります。お金をみんなに必ず体で返しますからと借ります」

「ええか、お前はいつも人間の可能性は無限だと伝えているだろう?今こそ、自分の中の制限をとっぱらえ。ならば、多くも制限をとっぱらう。そこから世界は変わる。世界を変える為に一番大事なのは自分が変わることじゃ。今こそおまんがおまんの可能性を信じ走れ!」

「ほんまですわ。俺、走りますわ」

「ちくしょーーーー俺、ちいせーーーーーー」

「よく、気付いたな、自分の小ささを」

「そして忘れるな。今は小さいけど、おまんが大きくなりたいと思っているならば必ず大きくなれること」

これが、今日、自分の中の神様、安永さんとの会話。

詳しくは「あんたの神様」を読んでみて。
出来たら本屋さんで買って。

どうしてめんどくさいっていう人はアマゾンで買ってみて。

Click!あんたの神さま-てんつくマン/dp/476319884X

というわけで、腹をくくった!

ただ、もうご存知の通り、お金はありません。

この後、ありが洞爺プロジェクトでもサポーターを募ろうと思ってたんやけど、その前にこのプロジェクトにお金を貸してくれる人、募金してくれる人を募らせて下さい。

尚、さっき、北海道の仲間と話しをして、万が一、予算が降りなくてほとんどが借金になった場合は、俺だけじゃなく、奥芝商店の奥ちゃん、そして、北海道プロジェクトリーダーのこういちマンモスが責任を持って時間はかかるかもしれんけど返済します。

もしも、東北ファミリー洞爺湖バケーション(避難)プロジェクトにお金を貸して下さる方はこちらにご連絡下さい。

お名前
電話番号
住所
メールアドレス
いくら貸していただけるか?
いつまでに返済してほしいか?

それを書いて下記にメールを下さい。
info@maketheheaven.com

やりとりをしながらお振込先などをお伝えします。

もしも、募金するよという方はこちらにお振込お願いします。

四国労働金庫 内海支店 普通
3515989

振り込んで下さった方は必ず

●お名前
●住所
●電話番号
●何月何日にいくら振り込んだか
●振り込んだお名前

を書いて上記と同じアドレスにメールを下さい。

もしも、全額、国や県や道から出た時には返金させていただきます。

尚、東北の参加者さんの再募集は明日以降になります。

他人様からお金を借りてこのプロジェクトをやるというのは、常識はずれかもしれんけど、僕は自分に正直にやります。

ぜひ、力を貸してやって下さい。

てんつくマンこと軌保博光

◯●◯●◯●◯●
「てんつくラブレター」メルマガの登録、解除はこちら。
Click!

◯●◯●◯●◯●
てんつくマンツイッターはこちら
Click!
「tentsukuman」でつぶやいてまっせー。

MAKE THE HEAVENめ組ジャパンのツイッターはこちら!
「megumi_japan」

◯●◯●◯●◯●
写真がついてくるてんつくアメブロはこちら
Click!

◯●◯●◯●◯●
FACE BO0Kは本名じゃないとアカウントが消される情報が入ったので
「のりやすひろみつ」に登録を変えました。
ファンページはこちら
Click!




と・・・

いうことで・・・

でっかいチャンス(ピンチ)を迎えることになりそうですーーーーー!

どもーーーー!

奥芝でーーーす!

こんな書き方ですいません

でも腹決めてます。

大好きな言葉

事にありきて死ぬるをいとわず(自分が本気でやろうと想った事くらい命を懸ける)そんな感じの意味だと思います。

命を粗末にする訳じゃなく

精一杯生きたいと思います


賛否ある事をしようとしてるのは承知しています

自分なりに考えました

後になって福島が危ないって知っていたのに何もしなかったとは

病気になった後の福島の子供たちには言えない

福島で鼻血を出す子供が増えてるという情報も正しいのか?間違ってるのか?

できれば間違っていて欲しいって思うけど

あとから何もしなかったとは言えない

しっかり楽しむ事も忘れない中で

やってきます

仕事も仲間達とバッチリやっていきます

ではまた・・・
[PR]
by okusyoo | 2011-06-13 17:56 | 奥芝洋介
<< たまにはカレーのことでも書こう... 6月4日  講演会 >>